• Top
  • 作り手
  • ひとつぶ

ひとつぶ

名古屋の住宅街にひっそりと佇む雑貨店「or dans le sable(オーダンルサーブル)」の店主、根岸紅子さんが生み出す「ひとつぶ 木版画文香」。文香(ふみこう)とは、手紙に添える香りのこと。ひとつぶの文香は、木版を用い和紙に一つひとつ手刷りし、手ですりつぶした白檀のお香を挟んで丁寧に作り上げられています。実は店長の本間は中学生の頃からこちらの文香の大ファン。初めて手にした文香は、今も大好きな本の間でひっそりと香りを放っている。

商品一覧